万葉集 第4巻 599番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第4巻599番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第4巻 599番歌

第4巻
歌番号 599番歌
作者 笠郎女(笠女郎)
題詞 (笠女郎贈大伴宿祢家持歌廿四首)
原文 朝霧之 欝相見之 人故尓 命可死 戀渡鴨
訓読 朝霧のおほに相見し人故に命死ぬべく恋ひわたるかも
かな あさぎりの おほにあひみし ひとゆゑに いのちしぬべく こひわたるかも
英語(ローマ字) ASAGIRINO OHONIAHIMISHI HITOYUゑNI INOCHISHINUBEKU KOHIWATARUKAMO
朝霧のように、一度きりしか、それもおぼろげにしか逢っていない人なのだが、それだけに(かえっていっそう)思いがつのる。
左注
校異
用語 相聞、作者:笠女郎、大伴家持、恋情、贈答
タイトルとURLをコピーしました