万葉集 第4巻 666番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第4巻666番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第4巻 666番歌

第4巻
歌番号666番歌
作者坂上郎女
題詞大伴坂上郎女歌二首
原文不相見者 幾久毛 不有國 幾許吾者 戀乍裳荒鹿
訓読相見ぬは幾久さにもあらなくにここだく我れは恋ひつつもあるか
かなあひみぬは いくひささにも あらなくに ここだくあれは こひつつもあるか
英語(ローマ字)AHIMINUHA IKUHISASANIMO ARANAKUNI KOKODAKUAREHA KOHITSUTSUMOARUKA
お逢いしてからさほど時を経たわけではないのになぜこんなにもしきりにあなたのことが恋しいのでしょう。
左注(右大伴坂上郎女之母石川内命婦与安<陪>朝臣蟲満之母安曇外命婦同居姉妹 同氣之親焉 縁此郎女蟲満相見不踈相談既密 聊作戯歌以為問答也)
校異歌 [西] 謌 [西(訂正)] 歌
用語相聞、作者:坂上郎女、恋情
タイトルとURLをコピーしました