万葉集 第4巻 665番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第4巻665番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第4巻 665番歌

第4巻
歌番号 665番歌
作者 阿部虫麻呂(安倍蟲麻呂)
題詞 安倍朝臣蟲麻呂歌一首
原文 向座而 雖見不飽 吾妹子二 立離徃六 田付不知毛
訓読 向ひ居て見れども飽かぬ我妹子に立ち別れ行かむたづき知らずも
かな むかひゐて みれどもあかぬ わぎもこに たちわかれゆかむ たづきしらずも
英語(ローマ字) MUKAHIゐTE MIREDOMOAKANU WAGIMOKONI TACHIWAKAREYUKAMU TADUKISHIRAZUMO
向かい合って見ているが、飽きもしない我が彼女、どうして別れられましょう。
左注
校異 倍 [元] 陪 / 歌 [西] 謌 [西(訂正)] 歌
用語 相聞、作者:安倍蟲麻呂
タイトルとURLをコピーしました