万葉集 第4巻 527番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第4巻527番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第4巻 527番歌

第4巻
歌番号 527番歌
作者 坂上郎女
題詞 ((京職藤原大夫贈大伴郎女歌三首 [卿諱曰麻呂也])大伴郎女和歌四首)
原文 将来云毛 不来時有乎 不来云乎 将来常者不待 不来云物乎
訓読 来むと言ふも来ぬ時あるを来じと言ふを来むとは待たじ来じと言ふものを
かな こむといふも こぬときあるを こじといふを こむとはまたじ こじといふものを
英語(ローマ字) KOMUTOIFUMO KONUTOKIARUWO KOJITOIFUWO KOMUTOHAMATAJI KOJITOIFUMONOWO
来るとおっしゃりながらいらっしゃらないことがあるのですもの。ましていらっしゃらないとおっしゃるなら待てませんわ。そうおっしゃるのですもの。
左注 (右郎女者佐保大納言卿之女也 初嫁一品穂積皇子 被寵無儔而皇子薨之後時 藤原麻呂大夫娉之郎女焉 郎女家於坂上里 仍族氏号曰坂上郎女也)
校異
用語 相聞、作者:坂上郎女、藤原麻呂、贈答
タイトルとURLをコピーしました