万葉集 第4巻 769番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第4巻769番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第4巻 769番歌

第4巻
歌番号769番歌
作者大伴家持
題詞大伴宿祢家持報贈紀女郎歌一首
原文久堅之 雨之落日乎 直獨 山邊尓居者 欝有来
訓読ひさかたの雨の降る日をただ独り山辺に居ればいぶせかりけり
かなひさかたの あめのふるひを ただひとり やまへにをれば いぶせかりけり
英語(ローマ字)HISAKATANO AMENOFURUHIWO TADAHITORI YAMAHENIWOREBA IBUSEKARIKERI
雨の日にただ一人っきりで山辺にいるとやりきれません。
左注
校異歌 [西] 謌 [西(訂正)] 歌
用語相聞、作者:大伴家持、紀女郎、久邇京、鬱屈、贈答
タイトルとURLをコピーしました