万葉集 第4巻 533番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第4巻533番歌はこちらにまとめました。

第4巻 533番歌

第4巻
歌番号 533番歌
作者 大伴宿奈麻呂
題詞 (大伴宿奈麻呂宿祢歌二首 [佐保大納言<卿>之第三子也])
原文 難波方 塩干之名凝 飽左右二 人之見兒乎 吾四乏毛
訓読 難波潟潮干のなごり飽くまでに人の見る子を我れし羨しも
かな なにはがた しほひのなごり あくまでに ひとのみるこを われしともしも
英語(ローマ字) NANIHAGATA SHIHOHINONAGORI AKUMADENI HITONOMIRUKOWO WARESHITOMOSHIMO
難波潟の潮が引いた後の光景は飽きるほど眺めていられるのに、そのように眺められる(共に生活している)娘のいる人が羨ましい。
左注
校異
用語 相聞、作者:大伴宿奈麻呂、大阪、地名、序詞
タイトルとURLをコピーしました