万葉集 第4巻 616番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第4巻616番歌はこちらにまとめました。

第4巻 616番歌

第4巻
歌番号 616番歌
作者 山口女王
題詞 (山口女王贈大伴宿祢家持歌五首)
原文 劔大刀 名惜雲 吾者無 君尓不相而 年之經去礼者
訓読 剣太刀名の惜しけくも我れはなし君に逢はずて年の経ぬれば
かな つるぎたち なのをしけくも われはなし きみにあはずて としのへぬれば
英語(ローマ字) TSURUGITACHI NANOWOSHIKEKUMO WAREHANASHI KIMINIAHAZUTE TOSHINOHENUREBA
剣太刀のようにもう怖くはありません、浮き名がたとうと。もう今となっては。あなたに逢えないまま何年も立ってしまいましたもの。
左注
校異
用語 相聞、作者:山口女王、大伴家持、うわさ、名、恋情、贈答
タイトルとURLをコピーしました