万葉集 第4巻 615番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第4巻615番歌はこちらにまとめました。

第4巻 615番歌

第4巻
歌番号 615番歌
作者 山口女王
題詞 (山口女王贈大伴宿祢家持歌五首)
原文 吾背子者 不相念跡裳 敷細乃 君之枕者 夢<所>見乞
訓読 我が背子は相思はずとも敷栲の君が枕は夢に見えこそ
かな わがせこは あひおもはずとも しきたへの きみがまくらは いめにみえこそ
英語(ローマ字) WAGASEKOHA AHIOMOHAZUTOMO SHIKITAHENO KIMIGAMAKURAHA IMENIMIEKOSO
あなたは私のことを思って下さいませんが、せめて共寝する枕くらいは夢に出てきてほしい。
左注
校異 尓 所 [元][金][紀]
用語 相聞、作者:山口女王、大伴家持、恋情、贈答、枕詞、夢
タイトルとURLをコピーしました