万葉集 第4巻 752番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第4巻752番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第4巻 752番歌

第4巻
歌番号752番歌
作者大伴家持
題詞(更大伴宿祢家持贈坂上大嬢歌十五首)
原文如是許 面影耳 所念者 何如将為 人目繁而
訓読かくばかり面影にのみ思ほえばいかにかもせむ人目繁くて
かなかくばかり おもかげにのみ おもほえば いかにかもせむ ひとめしげくて
英語(ローマ字)KAKUBAKARI OMOKAGENINOMI OMOHOEBA IKANIKAMOSEMU HITOMESHIGEKUTE
こんなにもあなたの面影にばかり思いがつのるのをどうしたらいいのでしょう。人目もあるというのに。
左注
校異
用語相聞、作者:大伴家持、坂上大嬢、うわさ、贈答
タイトルとURLをコピーしました