万葉集 第4巻 785番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第4巻785番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第4巻 785番歌

第4巻
歌番号785番歌
作者大伴家持
題詞(大伴宿祢家持贈娘子歌三首)
原文吾屋戸之 草上白久 置露乃 壽母不有惜 妹尓不相有者
訓読我がやどの草の上白く置く露の身も惜しからず妹に逢はずあれば
かなわがやどの くさのうへしろく おくつゆの みもをしくあらず いもにあはずあれば
英語(ローマ字)WAGAYADONO KUSANOUHESHIROKU OKUTSUYUNO MIMOWOSHIKUARAZU IMONIAHAZUAREBA
我が庭の草の上に置く白露のように、露と消えても惜しい命ではありません。あなたに逢えないくらいなら。
左注
校異
用語相聞、作者:大伴家持、娘子、恋情
タイトルとURLをコピーしました