万葉集 第4巻 548番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第4巻548番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第4巻 548番歌

第4巻
歌番号 548番歌
作者 笠金村
題詞 ((二年乙丑春三月幸三香原離宮之時得娘子<作歌>一首[并短歌] <笠朝臣金村>)反歌)
原文 今夜之 早開者 為便乎無三 秋百夜乎 願鶴鴨
訓読 今夜の早く明けなばすべをなみ秋の百夜を願ひつるかも
かな こよひの はやくあけなば すべをなみ あきのももよを ねがひつるかも
英語(ローマ字) KOYOHINO HAYAKUAKENABA SUBEWONAMI AKINOMOMOYOWO NEGAHITSURUKAMO
今夜が早く明けてしまってどうしようもないので、秋の長夜が百倍も続くよう、神様にお願いしました。
左注
校異
用語 相聞、作者:笠金村、行幸、久邇京、京都、地名、神亀2年3月
タイトルとURLをコピーしました