万葉集 第4巻 746番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第4巻746番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第4巻 746番歌

第4巻
歌番号746番歌
作者大伴家持
題詞(更大伴宿祢家持贈坂上大嬢歌十五首)
原文生有代尓 吾者未見 事絶而 如是A怜 縫流嚢者
訓読生ける世に我はいまだ見ず言絶えてかくおもしろく縫へる袋は
かないけるよに われはいまだみず ことたえて かくおもしろく ぬへるふくろは
英語(ローマ字)IKERUYONI WAREHAIMADAMIZU KOTOTAETE KAKUOMOSHIROKU NUHERUFUKUROHA
この世に生まれて以来、言葉にならないほどこんな見事に縫った袋はこれまで見たことがありません。
左注
校異
用語相聞、作者:大伴家持、坂上大嬢、贈答
タイトルとURLをコピーしました