万葉集 第4巻 747番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第4巻747番歌はこちらにまとめました。

第4巻 747番歌

第4巻
歌番号 747番歌
作者 大伴家持
題詞 (更大伴宿祢家持贈坂上大嬢歌十五首)
原文 吾妹兒之 形見乃服 下著而 直相左右者 吾将脱八方
訓読 我妹子が形見の衣下に着て直に逢ふまでは我れ脱かめやも
かな わぎもこが かたみのころも したにきて ただにあふまでは われぬかめやも
英語(ローマ字) WAGIMOKOGA KATAMINOKOROMO SHITANIKITE TADANIAFUMADEHA WARENUKAMEYAMO
あなたが贈ってくれた形見の着物を下に着て、直接お逢い出来る日がくるまで肌身離さず着ています。
左注
校異
用語 相聞、作者:大伴家持、坂上大嬢、贈答
タイトルとURLをコピーしました