万葉集 第4巻 486番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第4巻486番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第4巻 486番歌

第4巻
歌番号486番歌
作者舒明天皇(舒明)
題詞(<崗>本天皇御製一首[并短歌])反歌
原文山羽尓 味村驂 去奈礼騰 吾者左夫思恵 君二四不<在>者
訓読山の端にあぢ群騒き行くなれど我れは寂しゑ君にしあらねば
かなやまのはに あぢむらさわき ゆくなれど われはさぶしゑ きみにしあらねば
英語(ローマ字)YAMANOHANI ADIMURASAWAKI YUKUNAREDO WAREHASABUSHIゑ KIMINISHIARANEBA
山際に小鴨の群れが騒がしく飛んで行くけれど、私は寂しくてならない。あなたではないので。
左注(右今案 高市<崗>本宮後<崗>本宮二代二帝各有異焉 但称<崗>本天皇未審其指)
校異歌 [西] 謌 [西(訂正)] 歌 / 存 在 [西(右書)][元][類]
用語相聞、作者:舒明、皇極、恋情、挽歌発想
タイトルとURLをコピーしました