万葉集 第4巻 727番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第4巻727番歌はこちらにまとめました。

第4巻 727番歌

第4巻
歌番号 727番歌
作者 大伴家持
題詞 大伴宿祢家持贈坂上家大嬢歌二首 [<離>絶數年復會相聞徃来]
原文 萱草 吾下紐尓 著有跡 鬼乃志許草 事二思安利家理
訓読 忘れ草我が下紐に付けたれど醜の醜草言にしありけり
かな わすれくさ わがしたひもに つけたれど しこのしこくさ ことにしありけり
英語(ローマ字) WASUREKUSA WAGASHITAHIMONI TSUKETAREDO SHIKONOSHIKOKUSA KOTONISHIARIKERI
忘れ草を着物の紐につけたけれど役立たずの馬鹿草め、評判倒れだ。苦しみを忘れることが出来なかった。
左注
校異 歌 [西] 謌 [西(訂正)] 歌 / 雖 離 [桂][元][紀] / 復 [元][類] 後
用語 相聞、作者:大伴家持、坂上大嬢、植物
タイトルとURLをコピーしました