万葉集 第4巻 663番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第4巻663番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第4巻 663番歌

第4巻
歌番号 663番歌
作者 安都年足
題詞 安<都>宿祢年足歌一首
原文 佐穂度 吾家之上二 鳴鳥之 音夏可思吉 愛妻之兒
訓読 佐保渡り我家の上に鳴く鳥の声なつかしきはしき妻の子
かな さほわたり わぎへのうへに なくとりの こゑなつかしき はしきつまのこ
英語(ローマ字) SAHOWATARI WAGIHENOUHENI NAKUTORINO KOゑNATSUKASHIKI HASHIKITSUMANOKO
佐保川を渡ってきて我が家の上で鳴く鳥の声のように、なつかしくも可愛らしい我が妻。
左注
校異 部 都 [元] / 歌 [西] 謌 [西(訂正)] 歌
用語 相聞、作者:安都年足、恋情、奈良、地名、動物、序詞
タイトルとURLをコピーしました