万葉集 第4巻 649番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第4巻649番歌はこちらにまとめました。

第4巻 649番歌

第4巻
歌番号 649番歌
作者 坂上郎女
題詞 大伴坂上郎女歌一首
原文 夏葛之 不絶使乃 不通<有>者 言下有如 念鶴鴨
訓読 夏葛の絶えぬ使のよどめれば事しもあるごと思ひつるかも
かな なつくずの たえぬつかひの よどめれば ことしもあるごと おもひつるかも
英語(ローマ字) NATSUKUZUNO TAENUTSUKAHINO YODOMEREBA KOTOSHIMOARUGOTO OMOHITSURUKAMO
あれほど繁々と使いがやってきていましたのに、最近見かけません。何事か起こったのかと心配してましたのよ。
左注 右坂上郎女者佐保大納言卿之女也 駿河麻呂此高市大卿之孫也 兩卿兄弟之家 女孫姑姪之族 是以題歌送答相問起居
校異 歌 [西] 謌 / <> 有 [元][金][紀] / 歌 [西] 謌 [西(訂正)] 歌
用語 相聞、作者:坂上郎女、停滞、使い、不安、枕詞、植物
タイトルとURLをコピーしました