万葉集 第4巻 648番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第4巻648番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第4巻 648番歌

第4巻
歌番号 648番歌
作者 大伴駿河麻呂
題詞 大伴宿祢駿河麻呂歌一首
原文 不相見而 氣長久成奴 比日者 奈何好去哉 言借吾妹
訓読 相見ずて日長くなりぬこの頃はいかに幸くやいふかし我妹
かな あひみずて けながくなりぬ このころは いかにさきくや いふかしわぎも
英語(ローマ字) AHIMIZUTE KENAGAKUNARINU KONOKOROHA IKANISAKIKUYA IFUKASHIWAGIMO
随分長くお逢いしてませんがいかがでしたか。気がかりでしたよ、愛しい人。
左注
校異 歌 [西] 謌 [西(訂正復旧)] 歌
用語 相聞、作者:大伴駿河麻呂
タイトルとURLをコピーしました