万葉集 第4巻 618番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第4巻618番歌はこちらにまとめました。

第4巻 618番歌

第4巻
歌番号 618番歌
作者 大神女郎
題詞 大神女郎贈大伴宿祢家持歌一首
原文 狭夜中尓 友喚千鳥 物念跡 和備居時二 鳴乍本名
訓読 さ夜中に友呼ぶ千鳥物思ふとわびをる時に鳴きつつもとな
かな さよなかに ともよぶちとり ものもふと わびをるときに なきつつもとな
英語(ローマ字) SAYONAKANI TOMOYOBUCHITORI MONOMOFUTO WABIWORUTOKINI NAKITSUTSUMOTONA
一人っきりで寂しい思いをしている夜中に、相手を求めてしきりに千鳥が鳴き交わす。
左注
校異 歌 [西] 謌
用語 相聞、作者:大神女郎、大伴家持、恋情、動物、贈答
タイトルとURLをコピーしました