万葉集 第4巻 487番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第4巻487番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第4巻 487番歌

第4巻
歌番号487番歌
作者舒明天皇(舒明)
題詞((<崗>本天皇御製一首[并短歌])反歌)
原文淡海路乃 鳥篭之山有 不知哉川 氣乃己呂其侶波 戀乍裳将有
訓読近江道の鳥篭の山なる不知哉川日のころごろは恋ひつつもあらむ
かなあふみちの とこのやまなる いさやかは けのころごろは こひつつもあらむ
英語(ローマ字)AFUMICHINO TOKONOYAMANARU ISAYAKAHA KENOKOROGOROHA KOHITSUTSUMOARAMU
私は鳥篭(とこ)の山の麓の不知哉川(いざやがわ)の近江道をそちらに向かっている。その数日間もあなたが恋しくてならない。
左注右今案 高市<崗>本宮後<崗>本宮二代二帝各有異焉 但称<崗>本天皇未審其指
校異岳 崗 [元][古][紀] / 岳 崗 [西(右書)][元][類][古][紀] / 岳 崗 [西(右書)][元][類][古][紀]
用語相聞、作者:舒明、皇極、恋情、序詞
タイトルとURLをコピーしました