万葉集 第4巻 602番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第4巻602番歌はこちらにまとめました。

第4巻 602番歌

第4巻
歌番号 602番歌
作者 笠郎女(笠女郎)
題詞 (笠女郎贈大伴宿祢家持歌廿四首)
原文 暮去者 物念益 見之人乃 言問為形 面景尓而
訓読 夕されば物思ひまさる見し人の言とふ姿面影にして
かな ゆふされば ものもひまさる みしひとの こととふすがた おもかげにして
英語(ローマ字) YUFUSAREBA MONOMOHIMASARU MISHIHITONO KOTOTOFUSUGATA OMOKAGENISHITE
夕方になると物思いがつのります。お逢いしたあなた様が話しかけて下さったお姿が思い出されて。
左注
校異
用語 相聞、作者:笠女郎、大伴家持、恋情、贈答
タイトルとURLをコピーしました