万葉集 第4巻 715番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第4巻715番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第4巻 715番歌

第4巻
歌番号 715番歌
作者 大伴家持
題詞 (大伴宿祢家持贈娘子歌七首)
原文 千鳥鳴 佐保乃河門之 清瀬乎 馬打和多思 何時将通
訓読 千鳥鳴く佐保の川門の清き瀬を馬うち渡しいつか通はむ
かな ちどりなく さほのかはとの きよきせを うまうちわたし いつかかよはむ
英語(ローマ字) CHIDORINAKU SAHONOKAHATONO KIYOKISEWO UMAUCHIWATASHI ITSUKAKAYOHAMU
多くの鳥が鳴く佐保川の清い瀬(渡し場)を馬に鞭打ち川を渡っていつか通いたい。
左注
校異
用語 相聞、作者:大伴家持、娘子、川渡り、奈良、地名、動物、贈答
タイトルとURLをコピーしました