万葉集 第4巻 777番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第4巻777番歌はこちらにまとめました。

第4巻 777番歌

第4巻
歌番号 777番歌
作者 大伴家持
題詞 大伴宿祢家持更贈紀女郎歌五首
原文 吾妹子之 屋戸乃籬乎 見尓徃者 盖従門 将返却可聞
訓読 我妹子がやどの籬を見に行かばけだし門より帰してむかも
かな わぎもこが やどのまがきを みにゆかば けだしかどより かへしてむかも
英語(ローマ字) WAGIMOKOGA YADONOMAGAKIWO MINIYUKABA KEDASHIKADOYORI KAHESHITEMUKAMO
あなたの家の垣根を見に行ったら門の所で追い返されるでしょうね。
左注
校異 歌 [西] 謌 [西(訂正)] 歌
用語 相聞、作者:大伴家持、紀女郎、怨恨
タイトルとURLをコピーしました