万葉集 第4巻 513番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第4巻513番歌はこちらにまとめました。

第4巻 513番歌

第4巻
歌番号 513番歌
作者 志貴皇子
題詞 志貴皇子御歌一首
原文 大原之 此市柴乃 何時鹿跡 吾念妹尓 今夜相有香裳
訓読 大原のこのいち柴のいつしかと我が思ふ妹に今夜逢へるかも
かな おほはらの このいちしばの いつしかと あがおもふいもに こよひあへるかも
英語(ローマ字) OHOHARANO KONOICHISHIBANO ITSUSHIKATO AGAOMOFUIMONI KOYOHIAHERUKAMO
大原のこの柴の木のようにいつしか逢えると思っていた彼女にいよいよ今宵逢うことになった。
左注
校異
用語 相聞、作者:志貴皇子、恋情、逢会、植物、序詞
タイトルとURLをコピーしました