万葉集 第4巻 564番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第4巻564番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第4巻 564番歌

第4巻
歌番号564番歌
作者坂上郎女
題詞(大伴坂上郎女歌二首)
原文山菅<之> 實不成事乎 吾尓所依 言礼師君者 与孰可宿良牟
訓読山菅の実ならぬことを我れに寄せ言はれし君は誰れとか寝らむ
かなやますげの みならぬことを われによせ いはれしきみは たれとかぬらむ
英語(ローマ字)YAMASUGENO MINARANUKOTOWO WARENIYOSE IHARESHIKIMIHA TARETOKANURAMU
山菅のように実らぬ恋であることくらいご存知のくせに・・・。その私に言寄せておっしゃるなんて。本当はどなたと寝ていらっしゃるのでしょうね。
左注
校異乃 之 [桂][類][紀]
用語相聞、作者:坂上郎女、戯笑、怨恨、植物、恋愛
タイトルとURLをコピーしました