万葉集 第4巻 595番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第4巻595番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第4巻 595番歌

第4巻
歌番号595番歌
作者笠郎女(笠女郎)
題詞(笠女郎贈大伴宿祢家持歌廿四首)
原文吾命之 将全<牟>限 忘目八 弥日異者 念益十方
訓読我が命の全けむ限り忘れめやいや日に異には思ひ増すとも
かなわがいのちの またけむかぎり わすれめや いやひにけには おもひますとも
英語(ローマ字)WAGAINOCHINO MATAKEMUKAGIRI WASUREMEYA IYAHINIKENIHA OMOHIMASUTOMO
わが命ある限り忘れることが出来ましょうか。いや日増しに思いは募ります。
左注
校異幸 牟 [元]
用語相聞、作者:笠女郎、大伴家持、恋情、贈答
タイトルとURLをコピーしました