万葉集 第4巻 596番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第4巻596番歌はこちらにまとめました。

第4巻 596番歌

第4巻
歌番号 596番歌
作者 笠郎女(笠女郎)
題詞 (笠女郎贈大伴宿祢家持歌廿四首)
原文 八百日徃 濱之沙毛 吾戀二 豈不益歟 奥嶋守
訓読 八百日行く浜の真砂も我が恋にあにまさらじか沖つ島守
かな やほかゆく はまのまなごも あがこひに あにまさらじか おきつしまもり
英語(ローマ字) YAHOKAYUKU HAMANOMANAGOMO AGAKOHINI ANIMASARAJIKA OKITSUSHIMAMORI
八百日もかかる長々とした浜辺に連なる砂浜に比べ、どうしてわが恋の大きさが勝っていないと言えるでしょうか、沖にいる島守さんよ。
左注
校異
用語 相聞、作者:笠女郎、大伴家持、恋情、贈答、掛詞
タイトルとURLをコピーしました