万葉集 第4巻 771番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第4巻771番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第4巻 771番歌

第4巻
歌番号771番歌
作者大伴家持
題詞(大伴宿祢家持従久邇京贈坂上大嬢歌五首)
原文偽毛 似付而曽為流 打布裳 真吾妹兒 吾尓戀目八
訓読偽りも似つきてぞするうつしくもまこと我妹子我れに恋ひめや
かないつはりも につきてぞする うつしくも まことわぎもこ われにこひめや
英語(ローマ字)ITSUHARIMO NITSUKITEZOSURU UTSUSHIKUMO MAKOTOWAGIMOKO WARENIKOHIMEYA
嘘でも本当らしく聞こえます。実際、君は本当に私に恋焦がれているのかい。
左注
校異
用語相聞、作者:大伴家持、坂上大嬢、久邇京、怨恨、贈答
タイトルとURLをコピーしました