万葉集 第4巻 623番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第4巻623番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第4巻 623番歌

第4巻
歌番号 623番歌
作者 池邊王
題詞 池邊王宴誦歌一首
原文 松之葉尓 月者由移去 黄葉乃 過哉君之 不相夜多焉
訓読 松の葉に月はゆつりぬ黄葉の過ぐれや君が逢はぬ夜ぞ多き
かな まつのはに つきはゆつりぬ もみちばの すぐれやきみが あはぬよぞおほき
英語(ローマ字) MATSUNOHANI TSUKIHAYUTSURINU MOMICHIBANO SUGUREYAKIMIGA AHANUYOZOOHOKI
松の葉に月光が日ごとに変わっていくが、いつのまにか月が変わってしまった。あなたに逢えない夜が多くなりましたね。
左注
校異 歌 [西] 謌 [西(訂正)] 歌
用語 相聞、作者:池邊王、伝誦、転用、怨恨、宴席、枕詞、植物、誦詠
タイトルとURLをコピーしました