万葉集 第4巻 780番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第4巻780番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第4巻 780番歌

第4巻
歌番号780番歌
作者大伴家持
題詞(大伴宿祢家持更贈紀女郎歌五首)
原文黒樹取 草毛苅乍 仕目利 勤<和>氣登 将譽十方不有 [一云仕登母]
訓読黒木取り草も刈りつつ仕へめどいそしきわけとほめむともあらず [一云仕ふとも]
かなくろきとり かやもかりつつ つかへめど いそしきわけと ほめむともあらず [つかふとも]
英語(ローマ字)KUROKITORI KAYAMOKARITSUTSU TSUKAHEMEDO ISOSHIKIWAKETO HOMEMUTOMOARAZU [TSUKAFUTOMO]
黒木を伐採し、草を刈り取って懸命にお仕えしても勤勉な小僧だとほめて下さいませんよね。
左注
校異知 和 [万葉考] / 母 [元][類] 毛
用語相聞、作者:大伴家持、紀女郎、恋愛、戯笑
タイトルとURLをコピーしました