万葉集 第4巻 651番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第4巻651番歌はこちらにまとめました。

第4巻 651番歌

第4巻
歌番号 651番歌
作者 坂上郎女
題詞 大伴坂上郎女歌二首
原文 久堅乃 天露霜 置二家里 宅有人毛 待戀奴濫
訓読 ひさかたの天の露霜置きにけり家なる人も待ち恋ひぬらむ
かな ひさかたの あめのつゆしも おきにけり いへなるひとも まちこひぬらむ
英語(ローマ字) HISAKATANO AMENOTSUYUSHIMO OKINIKERI IHENARUHITOMO MACHIKOHINURAMU
ああ、夜も更けてきた。家の人も私の帰りを待っていることだろうに。
左注
校異 歌 [西] 謌 [西(訂正)] 歌
用語 相聞、作者:坂上郎女、枕詞
タイトルとURLをコピーしました