万葉集 第4巻 552番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第4巻552番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第4巻 552番歌

第4巻
歌番号 552番歌
作者 大伴三依
題詞 大伴宿祢三依歌一首
原文 吾君者 和氣乎波死常 念可毛 相夜不相<夜> 二走良武
訓読 我が君はわけをば死ねと思へかも逢ふ夜逢はぬ夜二走るらむ
かな あがきみは わけをばしねと おもへかも あふよあはぬよ ふたはしるらむ
英語(ローマ字) AGAKIMIHA WAKEWOBASHINETO OMOHEKAMO AFUYOAHANUYO FUTAHASHIRURAMU
ご主人はこの私めを死ねと思っていらっしゃるのか。夜に私めを召したり召さなかったりされる。
左注
校異 歌 [西] 謌 [西(訂正)] 歌 / <> 夜 [西(右書)][桂][元]
用語 相聞、作者:大伴三依、怨恨、恋情
タイトルとURLをコピーしました