万葉集 第4巻 671番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第4巻671番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第4巻 671番歌

第4巻
歌番号 671番歌
作者 作者不詳
題詞 (湯原王歌一首)和歌一首 [不審作者]
原文 月讀之 光者清 雖照有 惑情 不堪念
訓読 月読の光りは清く照らせれど惑へる心思ひあへなくに
かな つくよみの ひかりはきよく てらせれど まとへるこころ おもひあへなくに
英語(ローマ字) TSUKUYOMINO HIKARIHAKIYOKU TERASEREDO MATOHERUKOKORO OMOHIAHENAKUNI
月の光は清くこうこうと輝いていますが、気持ちに迷いがあってなかなかふんぎりがつきません。
左注
校異 歌 [西] 謌 [西(訂正)] 歌 / 惑 [紀] 或
用語 相聞、湯原王
タイトルとURLをコピーしました