万葉集 第4巻 657番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第4巻657番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第4巻 657番歌

第4巻
歌番号657番歌
作者坂上郎女
題詞(大伴坂上郎女歌六首)
原文不念常 日手師物乎 翼酢色之 變安寸 吾意可聞
訓読思はじと言ひてしものをはねず色のうつろひやすき我が心かも
かなおもはじと いひてしものを はねずいろの うつろひやすき あがこころかも
英語(ローマ字)OMOHAJITO IHITESHIMONOWO HANEZUIRONO UTSUROHIYASUKI AGAKOKOROKAMO
あなたのことはもう思わないようにしようと言いましたが、我が心ははねず色のように移ろいやすくまたあなたのことを思ってしまいます。
左注
校異
用語相聞、作者:坂上郎女、煩悶、植物、枕詞
タイトルとURLをコピーしました