万葉集 第4巻 508番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第4巻508番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第4巻 508番歌

第4巻
歌番号 508番歌
作者 三方沙弥
題詞 三方沙弥歌一首
原文 衣手乃 別今夜従 妹毛吾母 甚戀名 相因乎奈美
訓読 衣手の別かる今夜ゆ妹も我れもいたく恋ひむな逢ふよしをなみ
かな ころもでの わかるこよひゆ いももあれも いたくこひむな あふよしをなみ
英語(ローマ字) KOROMODENO WAKARUKOYOHIYU IMOMOAREMO ITAKUKOHIMUNA AFUYOSHIWONAMI
袖を交わすことがなくなった今夜から妻も私も互いに強く恋い焦がれることになるだろうよ。直接会うすべがないので。
左注
校異 母 [金][紀][細] 毛
用語 相聞、作者:三方沙弥、恋情、別離、羈旅、枕詞
タイトルとURLをコピーしました