万葉集 第4巻 507番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第4巻507番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第4巻 507番歌

第4巻
歌番号507番歌
作者駿河釆女(駿河[釆+女]女)
題詞駿河F女歌一首
原文敷細乃 枕従久<々>流 涙二曽 浮宿乎思家類 戀乃繁尓
訓読敷栲の枕ゆくくる涙にぞ浮寝をしける恋の繁きに
かなしきたへの まくらゆくくる なみたにぞ うきねをしける こひのしげきに
英語(ローマ字)SHIKITAHENO MAKURAYUKUKURU NAMITANIZO UKINEWOSHIKERU KOHINOSHIGEKINI
一人でこうして寝ていると、枕から流れ落ちる涙で、水面のようになり、(鳥のように)浮き寝をしている。恋心の激しさに。
左注
校異歌 [西] 謌 [西(訂正)] 歌 / 久 々 [元][金][紀]
用語相聞、作者:駿河F女、恋情、枕詞
タイトルとURLをコピーしました