万葉集 第4巻 593番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第4巻593番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第4巻 593番歌

第4巻
歌番号 593番歌
作者 笠郎女(笠女郎)
題詞 (笠女郎贈大伴宿祢家持歌廿四首)
原文 君尓戀 痛毛為便無見 楢山之 小松之下尓 立嘆鴨
訓読 君に恋ひいたもすべなみ奈良山の小松が下に立ち嘆くかも
かな きみにこひ いたもすべなみ ならやまの こまつがしたに たちなげくかも
英語(ローマ字) KIMINIKOHI ITAMOSUBENAMI NARAYAMANO KOMATSUGASHITANI TACHINAGEKUKAMO
あなた様に恋い焦がれ、何ともしようがなくて、奈良山(あるいはコナラ林)の小松の下に立って嘆いています。
左注
校異
用語 相聞、作者:笠女郎、大伴家持、恋情、待つ、奈良、地名、植物、贈答
タイトルとURLをコピーしました