万葉集 第4巻 594番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第4巻594番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第4巻 594番歌

第4巻
歌番号 594番歌
作者 笠郎女(笠女郎)
題詞 (笠女郎贈大伴宿祢家持歌廿四首)
原文 吾屋戸之 暮陰草乃 白露之 消蟹本名 所念鴨
訓読 我がやどの夕蔭草の白露の消ぬがにもとな思ほゆるかも
かな わがやどの ゆふかげくさの しらつゆの けぬがにもとな おもほゆるかも
英語(ローマ字) WAGAYADONO YUFUKAGEKUSANO SHIRATSUYUNO KENUGANIMOTONA OMOHOYURUKAMO
わが家の庭の夕蔭草(ゆふかげくさ)に連なる白露のようにはかなく消えかかるあなた様がしきりに恋しくてなりません。
左注
校異
用語 相聞、作者:笠女郎、大伴家持、恋情、植物、序詞、贈答
タイトルとURLをコピーしました