万葉集 第4巻 775番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第4巻775番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第4巻 775番歌

第4巻
歌番号775番歌
作者大伴家持
題詞大伴宿祢家持贈紀女郎歌一首
原文鶉鳴 故郷従 念友 何如裳妹尓 相縁毛無寸
訓読鶉鳴く古りにし里ゆ思へども何ぞも妹に逢ふよしもなき
かなうづらなく ふりにしさとゆ おもへども なにぞもいもに あふよしもなき
英語(ローマ字)UDURANAKU FURINISHISATOYU OMOHEDOMO NANIZOMOIMONI AFUYOSHIMONAKI
鶉(うづら)が鳴くようなうらさびた郷にいた頃からあなたに恋焦がれていたのに、なぜ逢う機会がなかったのでしょう。
左注
校異歌 [西] 謌 [西(訂正)] 歌
用語相聞、作者:大伴家持、紀女郎、動物、枕詞、贈答
タイトルとURLをコピーしました