万葉集 第4巻 708番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第4巻708番歌はこちらにまとめました。

第4巻 708番歌

第4巻
歌番号 708番歌
作者 粟田女娘子
題詞 (粟田<女>娘子贈大伴宿祢家持歌二首)
原文 復毛将相 因毛有奴可 白細之 我衣手二 齊留目六
訓読 またも逢はむよしもあらぬか白栲の我が衣手にいはひ留めむ
かな またもあはむ よしもあらぬか しろたへの わがころもでに いはひとどめむ
英語(ローマ字) MATAMOAHAMU YOSHIMOARANUKA SHIROTAHENO WAGAKOROMODENI IHAHITODOMEMU
再会する機会がないものだろうか。今度こそ真っ白な着物の袖にあなたを祀りとどめよう。
左注
校異
用語 相聞、作者:粟田女娘子、大伴家持、恋情、再会、枕詞、贈答
タイトルとURLをコピーしました