万葉集 第4巻 532番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第4巻532番歌はこちらにまとめました。

第4巻 532番歌

第4巻
歌番号 532番歌
作者 大伴宿奈麻呂
題詞 大伴宿奈麻呂宿祢歌二首 [佐保大納言<卿>之第三子也]
原文 打日指 宮尓行兒乎 真悲見 留者苦 聴去者為便無
訓読 うちひさす宮に行く子をま悲しみ留むれば苦し遣ればすべなし
かな うちひさす みやにゆくこを まかなしみ とむればくるし やればすべなし
英語(ローマ字) UCHIHISASU MIYANIYUKUKOWO MAKANASHIMI TOMUREBAKURUSHI YAREBASUBENASHI
宮に出仕する娘は愛しく悲しい。さりとて留めるのは心苦しく、出仕に出せばいかんともしがたい。
左注
校異 歌 [西] 謌 [西(訂正)] 歌 / <> 卿 [西(右書)][桂] / <> 之 [桂][紀]
用語 相聞、作者:大伴宿奈麻呂、枕詞
タイトルとURLをコピーしました