万葉集 第4巻 531番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第4巻531番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第4巻 531番歌

第4巻
歌番号531番歌
作者聖武天皇
題詞(天皇賜海上女王御歌一首 [寧樂宮即位天皇也])海上<王>奉和歌一首 [志貴皇子之女也]
原文梓弓 爪引夜音之 遠音尓毛 君之御幸乎 聞之好毛
訓読梓弓爪引く夜音の遠音にも君が御幸を聞かくしよしも
かなあづさゆみ つまびくよおとの とほとにも きみがみゆきを きかくしよしも
英語(ローマ字)ADUSAYUMI TSUMABIKUYOOTONO TOHOTONIMO KIMIGAMIYUKIWO KIKAKUSHIYOSHIMO
弓を爪引く弦の夜音が遠く聞こえます。わが君が行幸なさっているご様子をお聞きするのはうれしゅうございます。
左注
校異歌 [西] 謌 [西(訂正)] 歌 / 女王 王 [桂][元][古][紀]
用語相聞、作者:聖武天皇、海上女王、贈答
タイトルとURLをコピーしました