万葉集 第4巻 685番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第4巻685番歌はこちらにまとめました。

第4巻 685番歌

第4巻
歌番号 685番歌
作者 坂上郎女
題詞 (大伴坂上郎女歌七首)
原文 人事 繁哉君<之> 二鞘之 家乎隔而 戀乍将座
訓読 人言を繁みか君が二鞘の家を隔てて恋ひつつまさむ
かな ひとごとを しげみかきみが ふたさやの いへをへだてて こひつつまさむ
英語(ローマ字) HITOGOTOWO SHIGEMIKAKIMIGA FUTASAYANO IHEWOHEDATETE KOHITSUTSUMASAMU
他人の激しい噂を気になさってか、二本の刀の鞘のように近い家に住んでいて、恋続けながらも逢おうとなさらないのは。
左注
校異 乎 之 [元]
用語 相聞、作者:坂上郎女、うわさ、恋情
タイトルとURLをコピーしました