万葉集 第4巻 684番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第4巻684番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第4巻 684番歌

第4巻
歌番号 684番歌
作者 坂上郎女
題詞 (大伴坂上郎女歌七首)
原文 今者吾波 将死与吾背 生十方 吾二可縁跡 言跡云莫苦荷
訓読 今は我は死なむよ我が背生けりとも我れに依るべしと言ふといはなくに
かな いまはわは しなむよわがせ いけりとも われによるべし といふといはなくに
英語(ローマ字) IMAHAWAHA SHINAMUYOWAGASE IKERITOMO WARENIYORUBESHI TOIFUTOIHANAKUNI
もう死んでしまいたい。あなた。生きていたって私に心を寄せようとおっしゃらないのですもの。
左注
校異
用語 相聞、作者:坂上郎女、怨恨
タイトルとURLをコピーしました