万葉集 第4巻 514番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第4巻514番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第4巻 514番歌

第4巻
歌番号514番歌
作者阿倍女郎
題詞阿倍女郎歌一首
原文吾背子之 盖世流衣之 針目不落 入尓家良之 我情副
訓読我が背子が着せる衣の針目おちず入りにけらしも我が心さへ
かなわがせこが けせるころもの はりめおちず いりにけらしも あがこころさへ
英語(ローマ字)WAGASEKOGA KESERUKOROMONO HARIMEOCHIZU IRINIKERASHIMO AGAKOKOROSAHE
あの人がお召しになる、この着物の縫い目に欠かさず、針目はもとより私の心も閉じ込めました。
左注
校異歌 [西] 謌 / 入 [紀] 入来
用語相聞、作者:阿倍女郎、恋情
タイトルとURLをコピーしました