万葉集 第4巻 642番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第4巻642番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第4巻 642番歌

第4巻
歌番号 642番歌
作者 湯原王
題詞 湯原王歌一首
原文 吾妹兒尓 戀而乱<者> 久流部寸二 懸而縁与 余戀始
訓読 我妹子に恋ひて乱ればくるべきに懸けて寄せむと我が恋ひそめし
かな わぎもこに こひてみだれば くるべきに かけてよせむと あがこひそめし
英語(ローマ字) WAGIMOKONI KOHITEMIDAREBA KURUBEKINI KAKETEYOSEMUTO AGAKOHISOMESHI
あなたにしかけた恋がうまくいかなければ糸車にかけた糸でたぐり寄せればいいと思って恋をしかけました。
左注
校異 歌 [西] 謌 [西(訂正)] 歌 / 在 者 [略解] / 懸 [金][元] 縣
用語 相聞、作者:湯原王、娘子、恋情、枕詞
タイトルとURLをコピーしました