万葉集 第4巻 735番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第4巻735番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第4巻 735番歌

第4巻
歌番号 735番歌
作者 坂上大嬢
題詞 同坂上大嬢贈家持歌一首
原文 春日山 霞多奈引 情具久 照月夜尓 獨鴨念
訓読 春日山霞たなびき心ぐく照れる月夜にひとりかも寝む
かな かすがやま かすみたなびき こころぐく てれるつくよに ひとりかもねむ
英語(ローマ字) KASUGAYAMA KASUMITANABIKI KOKOROGUKU TERERUTSUKUYONI HITORIKAMONEMU
春日山に霞がたなびいているように私の気分は晴れやらぬのに、鮮やかに月が輝く夜に私は独り寝るのでしょうか。
左注
校異 歌 [西] 謌 [西(訂正)] 歌
用語 相聞、作者:坂上大嬢、大伴家持、奈良、地名、鬱屈、恋情、贈答
タイトルとURLをコピーしました