万葉集 第4巻 641番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第4巻641番歌はこちらにまとめました。

第4巻 641番歌

第4巻
歌番号 641番歌
作者 作者不詳(娘子)
題詞 娘子復報贈<歌>一首
原文 絶常云者 和備染責跡 焼大刀乃 隔付經事者 幸也吾君
訓読 絶ゆと言はばわびしみせむと焼大刀のへつかふことは幸くや我が君
かな たゆといはば わびしみせむと やきたちの へつかふことは さきくやあがきみ
英語(ローマ字) TAYUTOIHABA WABISHIMISEMUTO YAKITACHINO HETSUKAFUKOTOHA SAKIKUYAAGAKIMI
これで二人の仲は終わりだねと言えば、私がわびしく思うだろうなとおっしゃいますが、つけ刃の焼大刀のようにひっこんで、それでいいんですか私のあなた。
左注
校異 和歌 歌 [元][金][紀] / 歌 [西] 謌 [西(訂正)] 歌
用語 相聞、作者:娘子、湯原王、怨恨、離別、枕詞
タイトルとURLをコピーしました