万葉集 第4巻 761番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第4巻761番歌はこちらにまとめました。

第4巻 761番歌

第4巻
歌番号 761番歌
作者 坂上郎女
題詞 (大伴坂上郎女従竹田庄<贈>女子大嬢歌二首)
原文 早河之 湍尓居鳥之 縁乎奈弥 念而有師 吾兒羽裳A怜
訓読 早川の瀬に居る鳥のよしをなみ思ひてありし我が子はもあはれ
かな はやかはの せにゐるとりの よしをなみ おもひてありし あがこはもあはれ
英語(ローマ字) HAYAKAHANO SENIゐRUTORINO YOSHIWONAMI OMOHITEARISHI AGAKOHAMOAHARE
急流の川で暮らす鳥には止まるところ(よりどころ)がないように、心細げな我が娘が心配。
左注
校異
用語 相聞、作者:坂上郎女、大伴坂上大嬢、序詞、恋情、贈答
タイトルとURLをコピーしました