万葉集 第4巻 556番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第4巻556番歌はこちらにまとめました。

第4巻 556番歌

第4巻
歌番号 556番歌
作者 賀茂女王
題詞 賀茂女王贈大伴宿祢三依歌一首 [故左大臣長屋王之女也]
原文 筑紫船 未毛不来者 豫 荒振公乎 見之悲左
訓読 筑紫船いまだも来ねばあらかじめ荒ぶる君を見るが悲しさ
かな つくしふね いまだもこねば あらかじめ あらぶるきみを みるがかなしさ
英語(ローマ字) TSUKUSHIFUNE IMADAMOKONEBA ARAKAJIME ARABURUKIMIWO MIRUGAKANASHISA
筑紫から船でお帰りになるというあなたを待ちわびています。あらかじめ、長の船旅で荒れ果てた君の姿を目にするのは悲しいですが・・・。
左注
校異 歌 [西] 謌 [西(訂正)] 歌
用語 相聞、作者:賀茂女王、大伴三依、恨み、離別、贈答
タイトルとURLをコピーしました